SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
メールマガジン
このブログをメールマガジンとしてお届けします。
登録は無料です。
お気軽にご利用下さい。
お名前
メールアドレス*
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

【あなたの人生がどんどん良くなる成功法則の活用法】

このブログは、弊社メルマガ【あなたの人生がどんどん良くなる成功法則の活用法】のバックナンバーです。

人生とビジネスで成功するにはルールがあります。
誰でもそのルール通りにすれば必ず成功するのに、大多数の人はそのルールを知らずにゼロから始めています。これは時間と労力のムダというものです。すでにこの世には、成功のルールを体系化した『ナポレオン・ヒル・プログラム』というものが存在し、このプログラム通りに行動すれば誰もが成功する可能性はぐんと高まります。このブログでは、『ナポレオン・ヒル・プログラム』の活用のツボをお伝えいたします。『ナポレオン・ヒル・プログラム』ユーザーの方は、ぜひお読みください。
<< 【第11号】 考えると悩むは違う | main | 【第13号】 解決できる問題に集中しよう >>
【第12号】 できるだけ大きな目標を持てという意味

今できることは何か?


まず一歩を踏み出そう!

 

ピンチはチャンスだ!

 

ピンチをチャンスに変えよう!

 

皆さんはこんな言葉を聞いたり、或いは、人に言ったりしていませんか?

 

これらの言葉は、すべて正しいことだと思います。

 

しかし、具体的に何かをしようと思ったら、私たちは、利益の種を蒔くことしかできないのではないでしょうか。

 

逆境や挫折を経験した時に、アイディアという種を見つけて、それを蒔いて育てていく。

 

成果を得られるのは、何年も先のことになるかもしれません。

 

その間に、多くの人達は、種を蒔いたことすら忘れて、育てることを放棄してしまいます。

 

ですから、せっかくのアイディアという種を蒔いても、果実を得ることができないのです。

 

桃栗三年柿八年。

 

というぐらいに、時間のかかるものなのです。

 

従って、目標達成のために、今何が自分にできるのか?の問いには、未来に向けての「種まき」しかないのです。

 

『ナポレオン・ヒル・プログラム』を採用したあなたも、未来の自分に向けての投資として、種まきの意味で、『ナポレオン・ヒル・プログラム』を採用したと思います。

 

私もそうでした。

 

目標が明確になったら、計画を立てて、できることは全てやる。

 

毎日、今できることを繰り返し自問自答しながら、実践をしていく。

 

その中で、顕在意識を使い込むことにより、潜在意識も活性化されて、願望実現へとつながって行きます。

 

私たちは、豊かになりたい。

 

お金が欲しい。

 

自由がほしい。

 

SNSなどで情報が飛び込んでくる今日では、嫌でもたくさんの願望という名の果実が欲しくなります。

 

高級レストランばかりで、食事をしている人がいる。

 

空港のラウンジでシャンパンを飲む人がいる。

 

ビール片手に自撮りする人がいる。


毎日ビーチにいて、サーフィンを楽しんでいる人がいる。

 

セレブレティ―とパーティーばかりしている人もいる。

 

そうやって、人の果実を嫌でも目にする世の中だから今スグにでも、その果実が欲しいと思ってしまう。

 

でも、本当は、自分に今出来ることは種をまくことだけなのです。

 

そして、どうせ種をまくなら、どうせ、果実が手に入るまで長い時間がかかるのであれば、長い時間をかけてもものになるかすら分からない種まきなのであれば、自分のためだけの種まきではなく、それが、50年後、100年後の未来まで果実を生み出し続ける事であればあるほど気分が良いし価値があると私は、思うのです。

 

過去の日本人は、それを実際に行動に移してきたのです。

 

例えば、日光東照宮の杉並木。

 

真っ直ぐにそびえ立つ杉並木を見ると神聖な気分になります。

 

そして、何に心を打たれるかと言えば、この杉並木は今が一番、威風堂々としているという事です。

 

江戸時代に植えられたとき、杉並木は今よりずっと質素だったはずです。

 

細くて、頼りない木々に過ぎなかったはず。

 

200年以上がたった今が最も素晴らしい杉並木なのです。

 

時間を経るごとに素晴らしくなっていくのです。

 

そして、巨木になることを見越して200年後の未来を想像して杉の間隔を設計した人がいるからこその今の杉並木なのです。

 

他の例では、明治神宮の杜。

 

今でこそ、原生林のように思いますが、実がここは植林された人工の造営林なのです。

 

針葉樹と広葉樹がうまく交わり、100年後200年後を見越して、木が植えられているのです。

 

その事実に心を惹かれるし圧倒されます。

 

考えるとドキドキしてしまう。

 

そういう時間が経つほど価値が高まるものを生み出したいと思いませんか?

 

それぐらいの気概を持って何かを生み出していきたいと思いませんか?

 

人間の想像力には限界はないのですから。

 

皆さんがチャレンジしていくこともそんな思考で、考えてみると見え方が変わってくるかもしれません。

 

そして、200年後の威風堂々とした杉並木や鬱蒼とした杜を夢見て、思いを馳せながらも今、この瞬間に私たちにできることは種をまくことだけです。

 

だから、未来に、種を蒔きましょう。

 

そして、粘り強く育てましょう。

 

途中で育てることを諦めてしまうことが無いように、自己管理をしていく指南書こそ、『ナポレオン・ヒル・プログラム』なのです。

 

 

ちょっとためになる話
https://www.sul-aichi.com/tgr/tgr_14.html
 

 

 

 

 

成功の定義

 


成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標【願望】を、*黄金律に従って、一つひとつ実現して行く過程である

 

*黄金律 自分がしてほしいことは、何よりもまず、他人にそうしてあげることだ

 


〜脳力に限りなし、されど、時間に限りあり〜

 


---------------------------------------------------------

 

 
             編集後記


 

---------------------------------------------------------

 


大きな目標を持つことは良いことです。

 

『ナポレオン・ヒル・プログラム』では、人生30年後の目標を持つように推奨しています。

 

私が成功するということは、人生でこういうことを成し遂げたことだという目標です。

 

『ナポレオン・ヒル・プログラム』のユーザーならば、この本当の意味をご理解して頂けると思いますが、中途半端に成功哲学を学んだ人は、ただ単純に大きな目標を持てばよいと考えているようです。

 

大きな目標を達成したいのならば、まず目先の小さな目標を一つづつ達成していかなければなりませんが、いきなり大きな目標に挑もうとする人が多いのです。

 

その結果、潜在意識の活性化ばかりに考えが行き、今しなければならない行動に目を向けようともしません。

 

これでは、いつまでたっても目標の達成はおろか、人生目標さえもあやふやのままで終わるでしょう。

 

PMAプログラムのセッション1「明確な目標」を学んだら、ゴールデンゴールデックス・マニュアルを開いて、短期目標の作成に取りかかってください。

 

そして、その目標達成に向けて全力で取り組んでください。

 

人生目標は、その過程で必ずひらめいてきます。

 

 

 

《お知らせ》

 

 

ナポレオン・ヒル成功哲学セミナー
https://sul-aichi.com/seminor.html

 


プログラム・ユーザーの方へ
https://sul-aichi.com/for_user.html

 


マスターマインド・コーチング
https://www.sul-aichi.com/coating.html

 


経営者ユーザーの方へ
https://www.sul-aichi.com/for_executive.html

 


メルマガをお読みいただき、ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

ご質問はお気軽にこちらからどうぞ

https://sul-aichi.com/inquiry.html

 

 

 

サクセスアンリミテッド愛知

https://sul-aichi.com/

| - | 09:40 | comments(0) | - | pookmark |