SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 本当のPMA(積極的心構え)を身につける・ナポレオン・ヒル・クリード第六条
    伊藤和久 (07/05)
  • 本当のPMA(積極的心構え)を身につける・ナポレオン・ヒル・クリード第六条
    西畑 積 (07/04)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
メールマガジン
このブログをメールマガジンとしてお届けします。
登録は無料です。
お気軽にご利用下さい。
お名前
メールアドレス*
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

【あなたの人生がどんどん良くなる成功法則の活用法】

人生とビジネスで成功するにはルールがあります。
誰でもそのルール通りにすれば必ず成功するのに、大多数の人はそのルールを知らずにゼロから始めています。これは時間と労力のムダというものです。すでにこの世には、成功のルールを体系化した『ナポレオン・ヒル・プログラム』というものが存在し、このプログラム通りに行動すれば誰もが成功する可能性はぐんと高まります。このブログでは、『ナポレオン・ヒル・プログラム』の活用のツボをお伝えいたします。すでに『ナポレオン・ヒル・プログラム』を活用している方は、今後のプログラムの活用の参考にして頂き、まだプログラムを活用されていない方は、プログラム採用の際の参考にして頂ければ幸いです。
<< ノウハウを知識で終わらせるな | main | プログラムを正しく活用して潜在脳力を無理なく引き出そう >>
潜在脳力を引き出す

プログラム・ユーザーで成功をされている経営者の方を招いてご講演をして頂いたことがあります。

 

その時の講師の方の最初の一言が潜在意識について、全てを語っているように思いました。


その一言とは、

 

 

皆さんが今の仕事で成功したいのであれば、24時間365日休みなく仕事をしなければなりません。

 

もちろん寝ているときもです。

 

仕事は眠りながらでもできるのです。

 

眠りながら仕事のことを考えればいいだけの話です。

 


いかがですか?

 

この意味はもちろんお分かりになると思います。

 

潜在意識の活性化に関して、よく「眠りながら成功できる」というキャッチコピーがありますが、実際にはそうではなく、「眠りながらも考え続けているから成功できる」なのです。

 

それを世間一般の人たちは、自分の都合の良いように解釈をしてしまい、眠りながら成功できるのなら楽なことだと勘違いをしてしまい、潜在意識の活性化にばかり目を向けてしまって、肝心なやるべきことをやらなくなってしまい、楽ができると思い込んだ方向へ進み、転職などを繰り返してより劣悪な環境に陥ってしまって人生がおかしくなってしまったという例も決して少なくありません。

 

潜在意識を活性化するには、まず、今の仕事で目標を持つこと。

 

そして、その目標を実現するために100%の脳力を使い、毎日をど真剣に取り組むこと。

 

その中でいろいろな奇跡が起きてきます。

 

ぜひあなたもこの経験をしてみて下さい。

 

一度経験をすれば、必ず身につきます。

 

そうすれば、あなたは一段と高いところに登ることになり、より成功に近づいたことになります。

 

百の講義よりも一つの経験が大切です。


 

成功の定義


成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標【願望】を、*黄金律に従って、一つひとつ実現して行く過程である

 

*黄金律 自分がしてほしいことは、何よりもまず、他人にそうしてあげることだ

 


〜脳力に限りなし、されど、時間に限りあり〜


--------------------------------------------------------------------------------

 
編集後記
 

--------------------------------------------------------------------------------


自己啓発セミナーなどで、潜在意識についての説明をよく氷山に例えて話すことがあります。

 

海面上に見えている氷山はごく一部であり、海面下にはそれ以上の氷の塊があるという例えです。

 

つまり、海上の氷山を顕在意識として、海面下の氷の塊を潜在意識に例えて、潜在意識にはあなたも気が付かない脳力が、こんなにたくさん埋もれているんですよ。

 

だから、潜在脳力を引き出して使いましょうというわけです。

 

この説明は、あながち間違いではないと思いますが、潜在脳力の引き出し方に問題があります。

 

潜在脳力は、セミナーやトレーニングで引き出そうとしても引き出せるものではありません。

 

日々の仕事の中で、目標を常に意識して常に創意工夫を考えながら行動をし続ける中で徐々に潜在脳力が引き出されてくるものなのです。

 

それをサポートするのが、『ナポレオン・ヒル・プログラム』を用いた2R2A公式の実践であるという事です。

 

 

サクセスアンリミテッド愛知

http://sul-aichi.com/

 

| - | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.sul-aichi.com/trackback/1276677