SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 本当のPMA(積極的心構え)を身につける・ナポレオン・ヒル・クリード第六条
    伊藤和久 (07/05)
  • 本当のPMA(積極的心構え)を身につける・ナポレオン・ヒル・クリード第六条
    西畑 積 (07/04)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
メールマガジン
このブログをメールマガジンとしてお届けします。
登録は無料です。
お気軽にご利用下さい。
お名前
メールアドレス*
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

【あなたの人生がどんどん良くなる成功法則の活用法】

人生とビジネスで成功するにはルールがあります。
誰でもそのルール通りにすれば必ず成功するのに、大多数の人はそのルールを知らずにゼロから始めています。これは時間と労力のムダというものです。すでにこの世には、成功のルールを体系化した『ナポレオン・ヒル・プログラム』というものが存在し、このプログラム通りに行動すれば誰もが成功する可能性はぐんと高まります。このブログでは、『ナポレオン・ヒル・プログラム』の活用のツボをお伝えいたします。すでに『ナポレオン・ヒル・プログラム』を活用している方は、今後のプログラムの活用の参考にして頂き、まだプログラムを活用されていない方は、プログラム採用の際の参考にして頂ければ幸いです。
代償は先払いに限る

目標【願望】を達成しようと思うのなら、何らかの代償の支払いは避けられない。

 

この代償について、何か勘違いをしているのではないかと思う人を見かける時がある。

 

先日もこのようなことを語っている人に出くわした。

 

ビジネスで成功しようと思うなら、家庭を犠牲にしなければならない。

 

確かに仕事一筋の方は、家族を犠牲にしていたりする。

 

私もそのような方には、何人かお会いしたこともあります。

 

脱サラをしたせいで離婚に発展したという人もいた。

 

家庭や家族を犠牲にしているわけだが、果たして本当にこれは代償というものなのだろうか?

 

某成功コンサルタントの方は、ビジネスで成功したいのならば、家庭を犠牲にしなければならないという。

 

果たして本当にそうなのか?

 

私に言わせると、そんなことはない。

 

実際に成功者と呼ばれる人たちは、家庭をすごく大事にしている。

 

そのことについては、PMA/HSSプログラムに収録されている成功者の実例を学べばよく分かる。

 

では、ビジネスで成功した人で、家庭を犠牲にしている人と、家庭が円満な人は何が違うのだろうか?

 

それは、代償を先払いしているか後払いしているかの違いだろう。

 

ビジネスで成功しようとすれば、ある程度は家庭を犠牲にしなければならないかもしれない。

 

しかし、それは、事前に支払うことによって、マスターマインドやチームワークといったノウハウを活用することによって、ほぼ解決できる範囲である。

 

代償を先払いすることなく、始めたことによって、結果として家庭を犠牲にしてしまったという大きな代償を後から支払うことになってしまうのだろう。

 

ビジネスも家庭もバランスの取れた成功が理想です。

 

どちらか一方を犠牲にするのではなく、両方うまく行く方法を考えれば良いだけの話です。

 

そのためのアイディアは、『ナポレオン・ヒル・プログラム』を学ぶことによって、いくらでもわいてきます。

 

 

 


成功の定義

 


成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標【願望】を、*黄金律に従って、一つひとつ実現して行く過程である

 

*黄金律 自分がしてほしいことは、何よりもまず、他人にそうしてあげることだ

 


〜脳力に限りなし、されど、時間に限りあり〜

 


--------------------------------------------------------------------------------

 

 
             編集後記
 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 


願望を実現するための唯一無二の方法は、「願望実現の六か条」である。

 

この中には、代償の先払いがある。

 

意外とこれを理解しているつもりで、実践していない人が多いのではないだろうか。

 

本気で成功したいと思うのなら、手を抜かずに方法通りに実践することです。

 

 

サクセスアンリミテッド愛知

https://sul-aichi.com/

 

| - | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今年も、もう一人の自分にお願いしよう

あけましておめでとうございます。


旧年中はお世話になり、ありがとうございます。

 

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

平成31年元旦

 

伊藤和久

 

 

さて、新しい年も始まりました。

 

今年は、新元号にもなる年です。

 

心機一転と行きたいところです。

 

皆様は、初詣でには行かれましたか?

 

昨年の感謝と共に今年の誓いを告げ、おみくじを引かれた方も多いと思います。

 

もちろんそこにはこちらが抱えている悩みや不安についての具体的なことは何も書かれていません。

 

しかし、意外にも神様(大自然)は自分の心のなかをしっかりと見てくれているものです。

 

おみくじを引き、神様(大自然)が今の自分に何を伝えようとしているのか、想像力を働かせて解釈をするのも楽しいものです。

 

不思議とそのメッセージに励まされ、自分に勇気を与えてくれるものです。

 

神様(大自然)が頑張っている自分をちゃんと見てくれているということでモチベーションもアップしてきます。

 

目に見えない神様(大自然)から助言をもらうというのも、意外とモチベーションアップに役立ちます。

 

昨今、色々なパワースポットが紹介されていますが、自分を近くで見守ってくれている近くの神社の神様(大自然)から自分にとっていま必要なアドバイスを受ける方が良いのではないかと私は個人的に思います。

 

遠くの親戚よりも近くの他人ではないですが、あちらこちらに神頼みをしていても、あまり御利益は無いように私は思います。

 

そして何よりも最も信頼できるのは、あなた自身です。

 

おみくじを引くというのは、神頼みではなく、おみくじに書かれているメッセージをどう理解するかによって、あなたの今後の人生も決まってきます。

 

メッセージを読み解き理解するのは、そう、あなた自身、つまり、もう一人の自分なのです。

 

いつも近くであなたを見守り、困ったときに一番頼りになり、決してあなたを裏切らない人は、もう一人の自分なのです。

 

あなたが、もう一人の自分を通じて、自由自在に無限の英知の力を利用することができるようになれば、成功哲学の頂点に達したといっても言い過ぎではありません。

 

今年は、そうなれるように昨年以上に『ナポレオン・ヒル・プログラム』を活用してまいりましょう。

 

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 


成功の定義

 


成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標【願望】を、*黄金律に従って、一つひとつ実現して行く過程である

 

*黄金律 自分がしてほしいことは、何よりもまず、他人にそうしてあげることだ

 


〜脳力に限りなし、されど、時間に限りあり〜

 


--------------------------------------------------------------------------------

 

 

編集後記

 


--------------------------------------------------------------------------------

 


ビジネスをやっているうえで、なかなか思い通りには事が進まないということは、よくあります。

 

そんな時には、もう一人の自分に相談をするわけですが、神社で引くおみくじは、アイディアを出す助けになります。

 

読者の皆様のなかにはすでに「もう一人の自分に相談する」ことを実践しておられる方も大勢いらっしゃると思いますが、そうではない人も、もしいま大きな悩みや不安を抱えているのなら、目には見えない神様(大自然)を信じ、おみくじから助言を頂いてみるのもよいかも知れません。

 

おみくじは、「神様(大自然)は自分に何を伝えたいのか」そのメッセージを読み解くことが重要です。

 

もう一人の自分と一緒に真剣に考えて下さい。

 

意外にも、今の自分に必要なアドバイスを与えてくれるメッセージが書かれています。

 

どうしてそれを引いてしまうのか、まるで神様(大自然)がそれを私の手に伝えてくれるかのようにです。

 

但し、何でもかんでも神様(大自然)が都合よく悩み事を解決してくれるわけではなく、日頃から努力をしている人にしか、神様(大自然)は力を与えてはくれません。

 

困った時の神頼みではなく「人事を尽くして天命を待つ」人にしか効果は無いように思います。

 

 

サクセスアンリミテッド愛知

https://sul-aichi.com/

 

| - | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
プラシーボ効果をご存知ですか?

「プラシーボ」とは偽薬のことで、プラシーボ効果は、なんでもないただの錠剤を飲んだだけなのに薬を飲んだときと同じように症状が回復する効果のことです。

 

このメカニズムを上手に使えば病気の治療だけでなく、様々な能力を向上することができます。

 

治療に関するプラシーボ効果について実例をあげると、長期間不眠に苦しんでいる患者に対し、医師が睡眠薬を継続して処方することが危険と判断される場合、ビタミン剤を睡眠薬と偽って処方することも医師法によって認められています。

 

また、幕末には、ソーダ水が米国から入り、それを酒だと思い込んで飲んだ侍たちが、大いに酔っぱらったという記録もあります。

 
しかし、このプラシーボ効果は悪い方にも作用します。

 

プラシーボ効果は、使い方によっては人間を死に追いやることもできるくらい強力です。

 

例えば毒薬ではない錠剤を医師から「それは毒薬だ」と偽って投与されると人は、その「思い込みの力」によって死んでしまいます。
 

また、実際の効き目の持続よりはるかに早い時間に医師が「効き目が切れた」と告げると多くの被験者は再び痛みを感じてしまうのだとか。

 

ですので、プラシーボ効果は、できる限りポジティブなことに使いたいものです。

 

では、プラシーボ効果を活用して脳力を高めるには、どうすればよいのでしょうか?

 

最初に「自分は出来る」、という前向きの期待感を持って仕事に取り組むことによってプラシーボ効果が働き、実際の実力よりも上の結果を得ることが出来ます。

 

ここで大事なのは強い思い込みです。

 

思い込みの力が作用することで、少しずつ自分の気づかぬ間に、自分の考えている以上の力を発揮するようになっていきます。

 

いわゆる成功者と呼ばれる人たちに共通しているのが、この思い込みが異常に強い点です。

 

あえて異常に強いと申し上げたのは、その姿が非常に傲慢に映ったためです。

 

普通であれば、「勘違いな痛い人」と思われても仕方がないわけですが、予想以上の結果を出すと周囲も何も言わなくなります。
 
では、思い込みを強くするために必要なこととは!?

企業経営者だけでなく、アスリートなども含めて、いわゆる成功者という人たちは、常に自分が置かれている状況以上のものを強く望んで、それを実現できる信じ込める非常に人が多いです。

 

これは大変そうに想えるかもしれませんが、最初は彼らも上手くいくフリから入っています。

 

逆境を乗り切った過去の成功者たちの振舞いをまねしながら、自分自身の置かれている状況に合わせて根気よく続けることで、やがて自分だけのノウハウとなって、逆境を乗り切っているのです。

 

ですので、おススメは逆境を乗り切った人たちの本を読むことです。

 

PMAプログラムの「逆境と挫折からの利益」は、特におススメです。

 

大借金を抱えて再起した人、難病を克服した人、見事再ブレイクを果たした人などの本を読んだり動画を見たりしながら、できるできないの判断をくださずに、素直にその人のまねをしているうちにプラシーボ効果が高まります。


お金持ちは、お金持ちの常識(思い込み)があり、貧乏な人は、貧乏な常識(思い込み)を持っているだけなので、能力そのものの差はほとんどありません。

 

ですので、いつ始めても「遅い」いといったことはありません。

 

逆境を克服する、結果を得たければ、思い込みの力を磨く必ようがあります。

 

そのためにも、まずは上述した方法でマインドを成功者のマインドにすることが大事です。

 

このプラシーボ効果を上手に取り入れて、逆境を乗り越えた人たちは大勢います。

 

詳しくは、PMAプログラムの「逆境と挫折からの利益」等を参照してください。

 

 

 

 

成功の定義


成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標【願望】を、*黄金律に従って、一つひとつ実現して行く過程である

 

*黄金律 自分がしてほしいことは、何よりもまず、他人にそうしてあげることだ

 


〜脳力に限りなし、されど、時間に限りあり〜

 


--------------------------------------------------------------------------------

 

 
編集後記
 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 


ナポレオン・ヒル財団前理事長のW・クレメント・ストーン氏の一日の始まりは、次のアファーメーションから始まります。

 

健康だ!幸福だ!気分は最高だ!

 

Do it NOW!をモットーとした彼のバイタリティーは、驚くべきものでした。

 

健康に悪いと言われる葉巻をこよなく愛した愛煙家にもかかわらず、100歳まで天寿を全うしました。

 

アンドリュー・カーネギーが享年84歳。

 

ナポレオン・ヒルが87歳。

 

成功哲学をリレーした三人は、同時としては皆、長寿でした。

 

これは、積極的心構えがもたらしたプラシーボ効果だった言えば、言いすぎでしょうか。

 

 

サクセスアンリミテッド愛知

https://sul-aichi.com/

 

| - | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
成功したければ群れるのを辞めよ

この人は将来に成功するだろうなと予測できる人物を見て思うことは、彼らは群れることをしないということです。

 

成功する人物は、むやみに群れたりしません。

 

特定のグループにも所属しません。

 

つねに自分自身に正直であり続けるために「しがらみ」を嫌うため、1人で行動します。

 

もちろん、マスターマインドやチームワークといった目標を達成するための行動とは別の話です。
 
沢山の人たちと共にに行動することが悪いわけではありません。

 

しかし、群れて行動すると、自分らしく行動できなくなることを、直感的に気づいているのです。

 

そのため、基本的に一人で行動することが多いので、「自分のことは自分で考える」ことが習慣化しているのです。
 
この「自分のことは自分で考える」という、ごくごく当たり前のことが、多くの人達には出来ません。

 

群れて行動していると、自分で考えなくなってしまうのです。

 

日本人の特性として、集団行動を好むのかもしれませんが、集団で行動していると人の目が気になるので、どうしても他人から見た自分を意識しすぎて迷いが生じ、自分で考えるより他人に合わせてしまうのです。

 
そうなると、成功に最も必要な、決断力が鈍ってきます。

 

いまの経営者は、慰安旅行などでは、社員とのコミュニケーションが大切だということで、移動中の列車は社員と同じ車両だったりします。

 

しかし、戦前の華族出身の経営者たちは、社員は三等車両でも自らは一等車に乗っていました。

 

決して社員と群れたりはしなかったのです。

 

常に毅然とした態度をとっていました。
 

だから、いざという時には、素早い決断ができたのではないかと思います。

 

最近では、PCやスマホなど情報機器が発達して、考える前に簡単に答えを出してくれるモノが身近にあり、思考力の低下が急速に進んでいます。
 
実際に年齢や性別を問わず「自分で考える力」が不足している人が増えているようです。

 

でも、思考力が高ければ、例えば仕事でトラブルが生じたとしても、上手に解決したり、スムーズに作業を進めることができます。
 
もしあなたが、「誰かと一緒でないと寂しい」、「仲間外れにされている気がする」、「孤独を感じる」といった理由から、いつも友達とつるみ、行動するときも決断をするときも自分ではなく、他人の意見に左右されながら決めているとしたら、自分で考える習慣を身に付ける必要があります。
 
自分で考える習慣を身に付けるには、『ナポレオン・ヒル・プログラム』を2R2Aで実践することです。

 

成功ノウハウをあなたの目標に応用し関連付けて考えてアイディアを出し行動に移す。

 

そもそも人間は考える生き物なので、この繰り返しをしていれば、考える習慣は簡単に身につきます。

 

自分で考える習慣を身に付けていない人は、成功なんてできません。

 

 


 

 

成功の定義

 


成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標【願望】を、*黄金律に従って、一つひとつ実現して行く過程である

 

*黄金律 自分がしてほしいことは、何よりもまず、他人にそうしてあげることだ

 


〜脳力に限りなし、されど、時間に限りあり〜

 


--------------------------------------------------------------------------------

 

 
編集後記
 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 


群れている人は、そもそも自分に自信がないから群れているのです。

 

ぐずぐずになり、自分の頭で考えたことではありませんから、責任感が薄い。

 

結果として、生き方がぐずぐずになることを、直感的に知っているのです。

 

群れている人は、強いから群れているのではありません。
 
弱いから群れているのです。

 

自分一人の力では、できない、恥ずかしい、勇気が出ない、やる気が起きない。

 

だからみんなと群れていたいと思っています。

 

そうした行動が、さらにその人を弱くさせ、群れから抜け出せない中毒症状のようになります。
 
いったん群れると、なかなか抜け出すことが難しくなります。

 

麻薬のような中毒症状と同じく、その居心地が気持ちよいからです。

 

その気持ちよさのままに、いつも友達と群れていると、いつまで経っても成長ができません。

 

群れているから成長ができないのです。

 

また、群れを成している人は、友達がたくさんいると思って安心をしていませんか。

 

それは、私は一人では行動できないと言っていることと同じなのです。

 

成功者は皆、孤独です。

 

成功者は、群れない一匹狼が多いのです。

 

 

サクセスアンリミテッド愛知

https://sul-aici.com/

 

| - | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今この瞬間に人生が決まる

成功者が共通して身につけている習慣として、素早い決断があります。

 

あなたはいかがですか?

 

何か新しいことを始めるにあたって、「いつかやろう」とか、「その気になったら」なんて思っていませんか。

 

物事を始めるのに、最適な時なんてのは、いつまで待ってもやってきません。

 

あなたが「よしやろう!」と思った時が最適な時なのです。

 

『ナポレオン・ヒル・プログラム』を採用した時を思い出してください。

 

考えて考えて考えて、最適な時を選んだなんて人はいないはずです。

 

「よしやろう!」と思ったときに採用しているはずです。

 

「思考は現実化する」や『ナポレオン・ヒル・プログラム』の中でもくどいぐらいに述べられています。

 

Do it NOW! すぐにやれ!と。

 

このすぐにやる習慣を身に付けるには、日頃からの行動が大切です。

 

大きな決断はできるけれど、小さな決断はできないなんて人はいないからです。

 

例えば、部屋の整理整頓とか日常的なことです。

 

部屋を片付けようと思ったら、すぐに行動に移せますか。

 

「そのうちやろう」とか、「今日は気が進まない」なんて思って、先延ばしにしたりしたことはありませんか。

 

そういう小さな決断と行動の積み重ねが、あなたの習慣を作っていくのです。 

 

整理整頓のような日常的な行動がすぐにできる習慣を身につけている人は、ビジネス上の大きな決断もすぐにできるようになるのです。

 

日頃から、すぐにやるという行動をする。

 

習慣というのは、このようにして出来上がっていくものなのです。
 
すぐにやるという決断力のある人は、間違いなく成功します。

 

ですから、『ナポレオン・ヒル・プログラム』の活用で言うと、2R2Aでひらめいたことをすぐに実行することです。

 

「これは使えるな」とか、「そうだ、こうしよう」とひらめいたことをすぐに行動に移すことです。

 

ひらめいたことを行動に移すには、すぐにやらなければうまくはいかないものです。

 

数日或いは、数時間たってから行動しても遅いのです。

 

HSSプログラムのDVDコースの中でも述べられていますが、ひらめきというのは、一瞬一瞬のまさにこの瞬間が勝負なのです。

 

思いついたらすぐに行動するようにしてみましょう。

 

 

 

 

成功の定義

 


成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標【願望】を、*黄金律に従って、一つひとつ実現して行く過程である

 

*黄金律 自分がしてほしいことは、何よりもまず、他人にそうしてあげることだ

 


〜脳力に限りなし、されど、時間に限りあり〜

 


--------------------------------------------------------------------------------

 

 

編集後記
 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 


未来というのは、まさにこの瞬間に何ができるかによって変わってきます。

 

私たちの人生を決めるのは、今この瞬間の決断力なのです。

 

決断力の無い人は、人生を変えることはできないと思います。

 

これまで身に付けてきた習慣によって、人生を進んで行くことになるからです。

 

しかし、何でかんでもやみくもに決断すればいいというものではありません。

 

正しい情報に基づいて、正しい決断を素早く下さなければなりません。

 

その基になるのが、あなたの「明確な目標」です。

 

 

サクセスアンリミテッド愛知

https://sul-aichi.com/

 

| - | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
PMAは福の神を引き寄せる

笑う門には福来る。


昔からよくこういいます。

 

貧乏神は、笑顔になるだけで去っていくものです。


自分が変われば周りも変わります。

 

反対にいつも何かにつけて怒ってばかりいる人は、幸せにはなれない人です。

 

常に社会に不平や不満を持っていたり、悪いことは人のせいにしているような人は、いつまでたっても貧乏神につきまとわれている人達です。

 

やはり自分の人生をより良くするためには、自分を変えなければなりません。

 

何もせずに、ただ黙って待っているだけでは何も変化は起きません。

 

自分から行動しないと何も起こらないのです。

 

何もしなければ絶対に何も起こりません。

 

何も思い通りにならないからといって不平不満ばかり言っていると、貧乏神を引き寄せてしまいます。


更に、何もしない状態が続けば不幸になってしまいます。

 

貧乏神に愛されている人は、共通して働くことが嫌いな人が多いように思います。

 

どんなに一生懸命頑張っても昇給が無かったり、ボーナスが前年よりも大きく減らされたりといったことが起こり、「お金を稼ぐのはとてつもなく大変なこと」と常に考えるようになります。
 
貧乏神に愛される人は、「お金を稼ぐのはとてつもなく大変なこと」と考えているのではないだろうか。


そのため、自力で豊かになろうとは考えなくなります。

 

夢や願望はあるが、現実的な目標を持っていないというのが、貧乏神に愛される人なのではなかろうか。


一方、福の神に愛される人は、自分が豊かになるために自分への投資は惜しみません。

 

たとえばキャリアアップするために資格取得に向けて学校に通ったり、専門書籍を購入したり、セミナーに行くなど、自分への投資に使うお金を惜しみません。

 

このメルマガ読者の皆さんも自己投資は惜しまない人達だと思います。


『ナポレオン・ヒル・プログラム』などは、典型的な自己投資です。

 

脳力開発プログラムなどの自己投資ができる人は、自然と同じように向上心の高い人たちとの出会いが活発化するので、学習効果は大幅にアップし、仕事運も良くなるので、一段上のステージにいくための転職や独立開業もスムーズに行えます。

 

自分に投資をして、脳力開発をして行きましょう。


そして、人生を豊かにして行きましょう。

 

今年もあとわずかです。


新年を迎えますと、皆さん初詣でに出かけると思います。

 

貧乏神に愛されたままでいくらお参りをしても、引き寄せるのは、福の神ではなく貧乏神なのです。


福の神を引き寄せたいのなら、自己投資を惜しまないことです。

 

そして、自らが目標を持ち、自主的に積極的思考で目標達成に向けて行動をすることです。


ただ夢や願望を思い描いているだけでは、福の神は来ないと思いますよ。

 


よい運に恵まれるためには、自分の顔には責任を持たなければならない。
お通夜の晩のような顔をした人間には、勝利の女神が微笑むはずがないのである。
〜堀威夫〜(ホリプロ創業者)

 

 


 

成功の定義


成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標【願望】を、*黄金律に従って、一つひとつ実現して行く過程である

 

*黄金律 自分がしてほしいことは、何よりもまず、他人にそうしてあげることだ

 


〜脳力に限りなし、されど、時間に限りあり〜

 


--------------------------------------------------------------------------------

 


編集後記
 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 


福の神を引き寄せている人は、一目見ただけでわかります。


いつも笑顔を絶やさず温厚で優しさに溢れたオーラを出しています。

 

一方、貧乏神を引き寄せている人も良くわかります。


こちらは、福の神を引き寄せているような振りをしているときもありますので、少し注意が必要です。

 

つくり笑顔をしていることがあるからです。


でも、つくり笑顔は長続きはしません。

 

その本性はすぐに顔に現れます。


また、何かあるとすぐに人のせいにしたり、他人に頼ったりしてきます。

 

見た目で判断できない時もありますが、時間が経てば見抜けるものです。


心の底から福の神を引き寄せる人間でいたいものです。

 

福の神を引き寄せるには、福の神が好む言動をして、貧乏神が好む言動をしないことです。


『ナポレオン・ヒル・プログラム』で言うPMAを実践することです。

 

 

サクセスアンリミテッド愛知

https://sul-aichi.com/

 

| - | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
まず大地にしっかりとした根を張ろう

多くの人達は、成功ノウハウと聞くと、簡単に夢や願望が実現できる方法だと思うでしょう。

 

植物に例えるなら、花を咲かせるための手っ取り早い方法だと思うはずです。

 

でも、実際にはそうではありません。

 

成功ノウハウを身につける脳力開発というのは、花を咲かせるための準備ではありますが、花を咲かせてくれるための物ではないのです。

 

下へ下へと根を張り巡らせるための物と思ってもらった方が良いかと思います。

 

大地に根をしっかりと張ることによって、養分を吸収し、上へ上へと背丈を伸ばし、きれいな花を咲かせるのです。

 

そして、花を咲かせるのは、目標を設定するあなた自身の仕事です。

 

目に見えない根っこの部分が潜在意識で、地面より上の部分が、顕在意識と例えても良いかもしれません。

 

脳力開発プログラム『ナポレオン・ヒル・プログラム』で、潜在意識を活性化して、顕在意識で具体化した目標を実現させるプログラムだと考えるとわかりやすいかもしれないですね。

 

いつの時代でも、大地にしっかりと根を張っている人が成功します。

 

根をもっと具体的に述べれば、それは、人脈であったり、貯蓄であったりします。

 

ビジネスを成功させる基本となるものです。

 

そこへ、あなたが長年あたためてきたアイディアを目標と計画として、具体化させて行動に移せば、成功する確率は高くなります。

 

私自身は、30歳で独立して今の仕事をはじめましたが、振り返ってみれば、根っことなるものが欠けていたように思います。

 

人脈無し、金無し、あるのは『ナポレオン・ヒル・プログラム』というノウハウだけ。

 

ほぼゼロからのスタートでしたので、それなりの苦労は致しました。

 

過去これまでにいろいろな人に『ナポレオン・ヒル・プログラム』をご提案してきた中で、多くの人達を見てきましたが、成功するのは、50歳を過ぎてからです。

 

『ナポレオン・ヒル・プログラム』の中でも、ナポレオン・ヒル博士も同じことを述べています。

 

そこに至る原因の一つには、やはり根っこが安定して張り巡らされているかどうかではないでしょうか。

 

実際に独立開業する人を見ていますと、40歳又は、50歳を過ぎてから、独立する人の方が成功しています。

 

サラリーマン時代に様々な経験をすることと、多くの人脈を持っていること、そしてそれ相応の貯蓄があることなどが、主な要因だと思います。

 

商売をするなら、顧客を作ってから商売をした方が絶対に成功します。

 

そこへ、『ナポレオン・ヒル・プログラム』という成功ノウハウを活用すれば、まさに鬼に金棒です。

 

顧客を先に作る、すなわち人脈作りという大地に根を張ることが、将来に独立開業する人には、重要ではないでしょうか。

 

 

 

 

成功の定義

 


成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標【願望】を、*黄金律に従って、一つひとつ実現して行く過程である

 

*黄金律 自分がしてほしいことは、何よりもまず、他人にそうしてあげることだ

 


〜脳力に限りなし、されど、時間に限りあり〜

 


--------------------------------------------------------------------------------

 

 

編集後記
 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 


経験豊富な人が『ナポレオン・ヒル・プログラム』を活用した場合と、全く社会経験の無い人が活用した場合を比較したら、どちらが成功するかと考えたら、考えるまでもないことです。

 

ここを勘違いしていると、『ナポレオン・ヒル・プログラム』の活用そのものを間違えてしまうことにもなりかねません。

 

そもそも成功ノウハウというものは、しっかりとした下地ができている人が、活用すると大きな成果が出るものです。

 

まだ人生の下地ができていないと思う方は、『ナポレオン・ヒル・プログラム』を学びながら、しっかりとした根を張ることをおススメいたします。

 

 

サクセスアンリミテッド愛知

https://sul-aichi.com/

 

| - | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今に最善を尽くす

「願望実現の六か条」の六か条目の深層自己説得(アファーメーション)は実践していますか?

 

この深層自己説得について、意識的に行動を促すための手法だと思っている人もいると思いますが、深層自己説得は、意識的に行動をするための方法ではなく、無意識に行動ができるようにするための自己訓練なのです。

 

大多数の人達は、成功者は願望を実現するために意識的に行動をしたことによって、夢を実現していると思っているようですが、実は無意識に行動をしてきた結果なのです。

 

無意識に成功のルールと法則に乗っかってきただけなのです。

 

成功の法則に無意識に乗るためには、成功の素質がもともと習慣化している人は別にして、私達凡人には、自己訓練が必要です。

 

私たちは、この自己訓練をするために脳力開発プログラムである『ナポレオン・ヒル・プログラム』を日々活用しているわけなのです。

 

その中の最も簡単な自己訓練が、「願望実現の六か条」の深層自己説得(アファーメーション)なのです。

 

ここを勘違いをしていると、「なんだ、アファーメーションをしているのに何も実現しないじゃないか」ということになってしまいます。

 

深層自己説得をはじめとする目標や計画を潜在意識へ浸透させる手法などは、あくまでも自己訓練の一つであって、それその物が物事を現実にさせることにはなりません。

 

深層自己説得の目的は、無意識に成功する習慣形成にあるのです。

 

無意識に成功ノウハウを活用して、自然に少しの努力で成功する。

 

これが、『ナポレオン・ヒル・プログラム』を活用することの醍醐味です。

 

どんなに悔いても過去は変わりません。

 

また、どれほど夢や願望を実現しているイメージしたところで、未来もどうなるものでもありません。

 

そんなに簡単には、自分の思い通りにはなりません。

 

でも、今の現実を直視して、今できることを一生懸命にやれば、未来は変えられるのです。

 

いま、この時に最善を尽くすことこそ、未来を変えるための唯一の願望実現方法なのです。

 

そのためのノウハウとして、『ナポレオン・ヒル・プログラム』があることをお間違えの無いように。

 

ですから、『ナポレオン・ヒル・プログラム』は、使ってこそ初めて価値が出るのです。

 

ただし、使うためには、何度も言っていますが、【目標が必要】なのです。

 

目標がなければ、考えることもないので、『ナポレオン・ヒル・プログラム』を使うこともできません。

 

『ナポレオン・ヒル・プログラム』は、ただ聴いているだけでは、モチベーションは高まるかもしれませんが、何も結果は出てきません。

 

現実の具体的な目標を明確にして、2R2Aで実践してください。

 

 

 


成功の定義

 


成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標【願望】を、*黄金律に従って、一つひとつ実現して行く過程である

 

*黄金律 自分がしてほしいことは、何よりもまず、他人にそうしてあげることだ

 


〜脳力に限りなし、されど、時間に限りあり〜

 


--------------------------------------------------------------------------------

 

 
編集後記
 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 


言葉で唱えているだけで、物事が実現するのなら、こんな楽なことはありません。

 

言霊にすると現実化するとよく言われますが、それは、言葉だ発したことをあなた自身が実現しようとして、無意識に行動をするから実現するのです。

 

これが潜在意識の恐ろしさです。

 

潜在意識は、良いことも悪いことも区別することなく、実現する力を持っています。

 

良い方向でこの力を使えるようにコントロールする方法が、深層自己説得(アファーメーション)なのです。

 

 

サクセスアンリミテッド愛知

https://sul-aichi.com/

 

| - | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
足るを知る者は富み強めて行う者は志あり

具体的な目標を明確にして、詳細な計画を立てる。

 

そして、行動に移す。

 

でも、うまくいかない時がある。

 

その時、何が足りないんだろうと考える。

 

そして、不足していたと思われる事やモノを新たに計画に加えて、あらためて行動に移す。

 

これが一般的な行動です。

 

けれども、不足していた事やモノにばかり執着すると、逆にマイナスな事を引き寄せてしまうこともあります。

 

ですから、逆に足りていることに感謝をして行動しようという事になります。

 

そこで世間ではよく、「足るを知る」という言葉が用いられます。

 

しかし、この「足るを知る」の意味は、本当はちょっと違うんじゃないかなと私は思います。

 

 

「足るを知る」は、老子が説いた言葉であり、全文はこうなります。

 

人を知る者は智、自ら知る者は明(めい)なり。

 

人に勝つ者は力有り、自ら勝つ者は強し。

 

足るを知る者は富み、強(つと)めて行う者は志あり。

 

その所を失わざる者は久し。

 

死して而(しか)も亡びざる者は寿(いのちなが)し。

 

 

これを現代文に訳しますと、

 

 

他人を理解する事は普通の知恵のはたらきであるが、自分自身を理解する事はさらに優れた明らかな知恵のはたらきである。


他人に勝つには力が必要だが、自分自身に打ち勝つには本当の強さが必要だ。

 

満足する事を知っている人間が本当に豊かな人間で、努力を続ける人間はそれだけで既に目的を果たしている。

 

自分本来のあり方を忘れないのが長続きをするコツである。

 

死にとらわれず、「道」に沿ってありのままの自分を受け入れる事が本当の長生きである。

 

 

現代では、「足るを知る」ばかりが強調されて、今あることに感謝をすることが大切なことだとなっていますが、老子は「足るを知り、満足する事を知る豊かな人間になれ」と言ったのではなく、「満足することのできる豊かな人間になり、努力を続けることができ、自分に打ち勝つことのできる真に強い人間になれ」と言いたかったのではないでしょうか?

 

或いは、何か事を成すのに、不足していることばかりにとらわれずに、現状の足りている己の手持ちのモノや能力で最大限の今できる努力と行動をせよと言いたかったのかもしれません。

 

また、この中で老子は、「その所を失わざる者は久し」と説いています。

 

つまりは、「自分本来のあり方を忘れないのが長続きをするコツである」となり、自分の人生の価値観にあった人生目標を設定し成し遂げる「信念」とも言えます。

 

人生の価値観にあった本当の目標を持てば、努力は苦にならず長続きするという事です。

 

最後に、「死して而(しか)も亡びざる者は寿(いのちなが)し」と説いていますが、「死にとらわれず、道に沿ってありのままの自分を受け入れる事が本当の長生きである」これはつまり、死に囚われながら恐怖と不安の中で長生きすることよりも、ありのままの自分を受け入れながら死に対する不安も恐怖もなく早死にすることの方が真の長生きであるということだと思います。

 

 

簡単に要約しますと、

 

 

満足できる本当に豊かな人間になり、本来の自分の人生目標を知りながら自分に打ち勝ち、努力のできる強い人間になろう。

 

そして、そのような自分を全て受け入れ、死に臆することなく生きる真の長生きをしようではないか。

 

 

と、なるのかなあと思います。


で、うまくいかなかったときは、どうするのかというと。

 

新たな計画を練り直すということなのですが、自分本来の目標なので、うまくいかなかったとしても、苦にならず無意識に次の計画にすすめれる人間なので、マイナスの要因は引き寄せないということになります。


 
無意識に成功する。


これが、『ナポレオン・ヒル・プログラム』を活用する醍醐味です。

 

 

 


成功の定義


成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標【願望】を、*黄金律に従って、一つひとつ実現して行く過程である

 

 

*黄金律 自分がしてほしいことは、何よりもまず、他人にそうしてあげることだ

 


〜脳力に限りなし、されど、時間に限りあり〜

 


--------------------------------------------------------------------------------

 

 
編集後記
 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 


真に老子が伝えたかったことなんて、死んだ老子しかわかりません。


偉人の教えなんてものは、弟子達の解釈により、誤っていることも多々あります。

 

しかし、それを読み取り、自分たちがより良く生きるために再解釈することに努めることが今を生きる私たちの役目ではないでしょうか。

 

私たちは、言葉をそのままの意味で受け取ってしまいがちですが、本来の意味というのは言葉をなぞるだけでは理解することができません。

 

もし、「足るを知る」の部分だけを言葉の意味のまま受け取って実践していると、「目的意識を持って努力する」という考えは出てきません。

 

『ナポレオン・ヒル・プログラム』も過去の成功者の実体験を体系化したものです。


本当は何が言いたいのだろうかという考えでもってプログラムを聴くと、更に違うアイディアも出てきます。

 

ただし、考えるためには、あなた自身の目標が必要です。


目標がなければ、そこには、何も考えることもないからです。

 

 

サクセスアンリミテッド愛知

https://sul-aichi.com/

 

 

| - | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
17の成功ノウハウの実践

日常生活やビジネス活動において、順風満帆な人生を送っている人は、「思考は現実化する」や「成功哲学」といったナポレオン・ヒル博士の著書を読む機会がないのではないでしょうか。

 

予期しない問題が起きたり、何か大きな目標を絶対に実現しなければならないといった状況に追い込まれて、「どうするよ」となった時に、ナポレオン・ヒル成功哲学に出会うという人がほとんどです。

 

書く言う私自身も24歳の時にそのような形で、ナポレオン・ヒル博士の著書「成功哲学」を手にしました。

 

読者の皆様もそうだと思いますが、この出会いが『ナポレオン・ヒル・プログラム』の17の成功ノウハウで言う、「逆境と挫折からの利益」になるのではないでしょうか。

 

ナポレオン・ヒル博士の著書を読んでいる人、成功哲学セミナーに参加をしている人、『ナポレオン・ヒル・プログラム』を採用した人はすべて、17の成功ノウハウを過去に何らかの実践体験をしている人なのです。

 

それを自分自身が気づいていないだけなのです。

 

HSSプログラムのDVDコースの中で、「過去の失敗や逆境に出会った時の経験を振り返り、今現在を見てみると、必ずその体験があったからこそ今につながっているものです。」とナポレオン・ヒル博士が語っていますが、まさにその通りなのです。

 

ですから、あなたがもし今、失敗や逆境で苦しんでいるとしたなら、決して悲観などしないで、「将来に必ずこの経験がきっと生きてくる」と思って行動してみましょう。

 

そうすれば、ヤル気と勇気がわいてきます。

 

また、私自身がHSSプログラムから学び、今でも実践している失敗や逆境から克服する方法は、「自分よりも哀れな人を探して援助する」です。

 

17の成功ノウハウは、実践すれば必ず何らかの成果があります。

 

ただし、そこには、あなた自身の「明確な目標」がなければならないことは、言うまでもないことです。

 

 


 

 

成功の定義

 


成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標【願望】を、*黄金律に従って、一つひとつ実現して行く過程である

 

*黄金律 自分がしてほしいことは、何よりもまず、他人にそうしてあげることだ

 


〜脳力に限りなし、されど、時間に限りあり〜

 


--------------------------------------------------------------------------------

 

 
編集後記
 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 


成功ノウハウは、知識として知っていても、使えなければそれは、知らないのと同じことである。

 

ナポレオン・ヒル博士は、こう述べています。

 

成功ノウハウを使うことによって、あなたの脳力は、より一層向上し、人生が豊かになって行きます。

 

本を読んでいるだけで満足していたり、あるいは、いろいろなセミナーを巡り歩いて満足しているのではなく、ご自分の人生に「明確な目標」を持ち、それを実現するために成功ノウハウを使ってまいりましょう。

 

 

サクセスアンリミテッド愛知

https://sul-aichi.com/

 

| - | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |